押印と捺印の違いとは何でしょう?

捺印イメージ

印鑑を押すことを捺印といいますよね。
でももうひとつのいいかたで押印ともいいます。

この違いはなんだろう?と考えたことありませんか?
押印捺印はどちらもはんこを押すことですが、署名には捺印、記名には押印がそれぞれに対応して用いられています。

また日常的には捺印ということが多く、法律上では押印ということが多い。

以前から捺印といわれていたのが、当用漢字が制定せれた当初は捺印が当用漢字に入らなかったために、公文書では押印というようになり、日常的には捺印というのが残ったともされています。

署名は本人が直筆で氏名を手書きすることをいうのに対し、記名はあらかじめ契約書に印刷をして用意していたものや、他人による代筆、ゴム印を押したものなど、署名以外の方法で氏名を記すことをいいます。

記名は本人自身の筆跡が残らないことから署名に比べると証拠能力は低くなります。

「法律の規定によって署名すべき場合には記名押印をもって署名に代えることができる」とされており、記名に押印で署名と同様のものと考えられている。

このことから署名=記名+押印であり、契約においては捺印は不要で、署名することで契約は有効とされる。

法的に証拠能力の高い順に並べると、

  1. 署名捺印
  2. 署名のみ
  3. 記名押印
  4. 記名のみ

という順番になるというわけだ。
押印捺印、ただ単にいいかたの違いと思えど、そうではなかったのですね。

あらためて自筆の大切さを知りました。
むやみやたらに署名すると危険ですので気をつけましょうね。

~ 注目WEBサイト ~

〔こだわりの住まいを彩るスタイリッシュな表札〕

暮らしをデザインする表札の専門店 表札館

耐久性に優れたクールなステンレス、和の空間を演出する和グラスサインなどバリエーション豊かな表札を多数そろえています。

オフィス・事務所看板、マンション看板といったさまざまな用途で使用でき、住まいの雰囲気に合わせた表札が見つかります。

ページの先頭へ