訂正印の正しい使い方とは?

捺印イメージ

契約書や申込書、申請書など重要性の高い書類を作成するときに、誤って誤字脱字をして修正した場合、訂正したことを証明するために訂正印を押します。

そうすることで書類が有効な状態になるわけですが、重要書類の捺印を失敗したらどうしたらよいのでしょうか。

捺印に訂正印を押すのでしょうか? こういったときの解決策をみなさんはご存じですか?

訂正印を押すときのように、やはり二重線で消してはんこを押しなおすのでしょうか? そうではありませんよ。それはとても危険な行為なのです。

そのような場合、悪意のある他者が押しなおすことが可能になり、安易に修正できてしまうのです。

正しい修正方法は、修正したい印を同じはんこで少しずらして二重押しをします。この作業をすることでこの印が無効になります。

訂正印と同じ作用をするわけです。 そうしてから横に正しく捺印をしてください。

これが正しい修正方法です。 自分を守るために是非覚えておきたいものですね。

ついでに訂正印の正しい使い方もここにあげてみましょう。

文書が横書きの場合、修正箇所に2本線を引いてその上に訂正印で押印をして正しい記述をしましょう。

文書が縦書きの場合は、修正箇所に2本線を引いてその右側に訂正印で押印して正しい記述をします。

そして書類の欄外に「削除○○字」「加入(または挿入)○○字」というように、修正をした箇所の説明をする記述をして完了です。

簡単な修正方法として捨印もありますが、必要ないところまで修正される危険があるため注意が必要です。

やっぱりはんこは自分の分身。 大切に扱いましょうね。

~ 便利サイト情報 ~

<即日出荷サービスあり>名刺作成

自分好みの名刺をどこよりも早く手にしたい方にオススメなSPEED名刺館

多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!

仕上がりイメージを確認できるプレビュー機能搭載で簡単・自由にレイアウトを調整しながら、オリジナルの名刺を作成できます。

ページの先頭へ